外宮奉納

外宮奉納とは

 伊勢神宮外宮は、食と産業を司る「豊受大神」が祀られておりまして、御神前に「正直なものづくり」や「事業目標」等を綴った宣誓書と共に、丹精込めて作った自慢の製品を奉納させていただく神事であります。

 奉納の神事は5月15日の早朝7時に、外宮前に参集し、伊勢商工会議所様の先導により、正装した奉納者が、奉納品を手に外宮参道を厳かに進み、神楽殿に宣誓書と共に奉納するのです。

 

伊勢手延べ麺 外宮への奉納儀式

神楽殿前にて代表者の宣誓書朗読、御神楽奉納、そして通常は経験出来ない御垣内参拝を行うと、改めて「正直なものづくりへの決意」が緑豊かな境内の中に立つ自分の内に、込み上げて来るのが感じられます。

 

正直な麺づくりの誓い

 奉納が終わると後日奉納証明書が渡され、奉納品と同等商品には「奉納の証マーク」を伊勢商工会議所より発行されます。

外宮奉納宣誓文

 奉納は、お客様にお届けする商品を、誠心誠意嘘偽りなく作ることの誓いで、神様に誓いながら実は自分自身に誓うこととなるわけであります。

奉納した商品

奉納した商品  手延べひやむぎ 手延べ半生そうめん 鈴鹿抹茶めん

  1. 手延べひやむぎ
  2. 手延べ半生そうめん
  3. 鈴鹿抹茶めん