三重ひやむぎ【5-E】

5-E 三重ひやむぎ

三重ひやむぎ【5-E】

  • 製品の概要
  • 製品詳細【必ずお読みください】
  • 「麺は乾麺に限る」という頑固なあなたへ

    大矢知手延べ麺の乾麺、ひやむぎ(冷や麦・冷麦)です。 保存に圧倒的な強みがあります。

    大矢知の麺とは?

    大矢知素麺

    大矢知素麵(おおやちそうめん)は、 約200年前(江戸時代の幕末期)から「三重の糸」 「伊勢そうめん」として知られ、農家の副業として生産されるようになった三重県四日市市大矢知地区の特産品の素麵である。

    起源

    大矢知の手のべ素麵は言い伝えによると江戸時代のある日1人の旅の僧侶が朝明川畔の農家に一夜の宿を乞い、その大矢知地域の人々の親切なもてなしに大変喜びお礼として素麵の作り方の秘伝を授けたのがその起源とされる。 フリー百科事典 ウィキペディア 大矢知素麺 より引用

    麺匠に聞いてみよう!

    麺匠に聞いてみよう
    いやいや。これって素麺の説明ですよね。
    ここは「ひやむぎ」の説明ページですけど…。
    有限会社カネスエ製麺所 代表取締役社長 水谷 忠文
    こんにちは。勢州庵の水谷です。

    資料の都合上「そうめん」の説明ですが、太麺のそうめんであるひやむぎについても同様となっており5-E三重ひやむぎは大矢知そうめんのバリエーション。
    大矢知素麺の「ひやむぎ版」というわけです。
    お時間ありましたら引用先の原文をご覧ください。
    リンク先:フリー百科事典 ウィキペディア 大矢知素麺
    たしかに上記のリンク先は大矢知(おおやち)素麺の解説ページですけど「歴史」の項目の下の方に「ひやむぎ」の記述がありますでしょ。
    "手延べ冷麦の製造は1959年(昭和34年)に人見実によって考案された。[脚注]興譲百年のあゆみ四日市市立大矢知興譲小学校96頁1行目~11行目"
    これが「ひやむぎ」の歴史にとって重要な一歩なんです。
    麺匠に聞いてみよう
    えっ?えっ?
    素麺と冷や麦って材料の粉は同じだし、その違いって麺の太さですよね。
    だから、気まぐれで太いのを作っただけでしょ?
    単なる太いだけの素麺を…
    有限会社カネスエ製麺所 代表取締役社長 水谷 忠文
    そう思いますよね。間違いです(笑)
    そんなに簡単じゃないです。
    手延べ麺の製造工程に関しては極細の素麺よりも「冷や麦」や「うどん」のような太い麺のほうが難しいんですよ。
    水分や乾燥の具合で縦に割れてきちゃう。
    これ、意外でしょ?
    つまり、手延べ冷や麦は気まぐれや偶然でき上がったものではなく、元々は素麺が主流だったところ明確に「もう少し太い麺を作りたい」と工夫された結果と解釈しています。

定価:9,800円

インターネット価格:8,300円

以下の「」内をコピーしておくとご注文の際に便利です。
「商品名: 三重ひやむぎ【5-E】×ご希望個数: 個・箱 お支払い方法:代金引換・銀行振込・郵便振替」

商品をご希望の方はメールでご注文下さい。
メールで商品を注文する

ご進物に伊勢の麺

クリックした単語に関連あるページへ移動します
, , , , , , ,

Comments are closed.